“毒性”と聞くとなんだかとんでもない成分が含まれているのではないか?と感じますよね。

スキンケアは直接飲んだり食べたりするものではないから毒性はあまり気にしたことがないという方もいるでしょう。

しかし毒性のある化粧品も指摘されることがあり、調べてみると身近なところで販売されているものにも毒性があったなんてこともあるのです。

エリクシールシュペリエルには毒性はあるのでしょうか。

エリクシールシュペリエルは安全?毒性はなし!?

毒性がある化粧品は使いたくないですよね。

直接飲んだり食べたりするものではありませんが、化粧品は指に触れて肌に浸透させるものなので皮膚から毒性が伝わってしまうことが想像できます。

毒性のなかでもこわいのは発がん性物質が含まれる化粧品で、発がん性というと恐ろしいものだということがわかりますよね。

エリクシールシュペリエルは大手化粧品会社の資生堂から販売されていますが、毒性に関してはどうなのでしょうか。

安全性は高いのかを見ていきましょう。

資生堂の商品は資生堂の公式サイトにて商品が紹介され、お客様サポートというところでQ&Aを載せています。

そこでは“化粧品を誤って口に入れて飲んでしまった”という質問に対し、“化粧品のほとんどは食べたり飲んだりしても安全であることや、飲んだ人の様子が普通であれば問題ない”としています。

“クリーム、乳液、ファンデーション、口紅、固形パウダーは毒性が低い”とも回答されています。

これは資生堂としての回答となりますが、エリクシールシュペリエルは資生堂の製品のため、この回答からいくとエリクシールシュペリエルの製品も毒性は低いということになります。

またコスメやスキンケアで毒性が指摘される商品というのは、ネットで検索するとずらっと出てくる傾向にありますがエリクシールシュペリエルの場合はそういったことはないため毒性は低いと言えるでしょう。

ただ界面活性剤や防腐剤を使用している面で、毒性がある!と判断する方もなかにはいるでしょう。

オーガニックの製品が好きな方や、肌に優しい成分しか手にしたくないという方にとっては毒性があると感じる方もいるかもしれません。

いずれにしてもエリクシールシュペリエルは特別危険な成分を配合しているわけでもありませんし、どんな化粧品にも使用される成分を使用しているため毒性が高いというわけではないということになります。

市販の化粧品で肌が荒れない、湿疹がでたり痒みがでたりしないという方であればエリクシールシュペリエルも問題なく使用できるのではないでしょうか。

エリクシールシュペリエルの愛用者は多い!

毒性がなく安全性が高いという面を裏付けるのは使用者が多いという部分で一つ判断できますよね。

エリクシールシュペリエルは口コミサイトでの評価も高く、雑誌で取り上げられることもあるため人気が高く評判も良い化粧品です。

そんなエリクシールシュペリエルの愛用者はどのように感じているのか、どんな部分でエリクシールシュペリエルが好きなのかを口コミを通してみていきましょう。

●値段も手頃で良く、長く愛用している
●夕方の乾燥がエリクシールシュペリエルを使い始めてから緩和された
●使い慣れているから安心感がある
●香りも良く気に入っている、迷っている人は使ってみてほしい
●目尻のリフトアップやほうれい線も薄くなった気がするし必需品
●お気に入りでもう何度もリピートしている

愛用者の声を見てみると、長く愛用しているというリピーターが多い印象を受けます。

それだけ肌への効果を実感できていることや、手頃な価格で買いやすいといった面があるようです。

エリクシールシュペリエルの愛用者の口コミを見ていると満足している声が多く、毒性を微塵も感じさせず、それよりも安心感があるという声もあるほどなので愛用者の多くは安心して使えているということがわかります。